« すごい日本人と日本文化 | トップページ | 日帰り高知観光 »

2018年9月30日 (日)

自動車の窓故障?

 Photo 先日、家内と共に車で買い物に、4㌔ほど離れたスーパーに行った。

 でも、その日はちょっと寄り道して、徳島バスの車庫で、高速バスの切符を買う事にした。

 家内は、車の中で待たせ、私だけが事務所に入って行く事にした。

 でも、その日はまだ暑かったので、窓を全開にして、エンジンを切って、ラジオを聴いてもらうことにした。

 ところが、前列左側の車の窓が、動かなくなってしまった。

 「エツ」と思ったが、とにかく切符を先に購入してから調べて見ようと思い、事務所の中に入り、毎月大阪の教会に行く為の切符を購入した。

 5分ぐらいで事務所から出て来て、再び、自動車の窓のスイッチレバーを動かして見たが、どんなに動かしても、全く反応しない状態である。

 その時、私は思った。運転席の右側には、全窓のスイッチレバーがあり、左の窓には,その窓だけのスイッチレバーがついてる。

 それで、私が前列の両側の窓を一度に開くべくスイッチレバーを押した。

 その時家内も同じく左側の窓のスイッチレバーを動かしていた。

 それで、もしかして、家内は窓を開けるのではなく、閉める押し方をしたのではないか。それで、動かなくなったものと思った。

 その日は土曜日であり、月曜日も祭日なので、火曜日となって、その車を購入したホンダカーズの店に電話した。

 すると昼から来て下さいとの事であった。

 7月には、家内がバックしていて、塀にぶつけてしまい、高い修理費を支払ったところなのに、また何がしかの修理費を支払わなければならなくなると思いつつ、お店に向かった。

 行くと、すぐさま係りの方が事務所から出て来られたので、事情を説明してスイッチレバーを押して見せた。

 するとその方は、後ろの窓はどうですかと言って、後方の窓のスイッチレバーを押してみた。すると、どこも動かない状態であった。

 「ああこれは、このスイッチの関係ですね」と言って、窓を開け閉めするレバーのもう一つ前にあるスイッチを押した。

 すると何でもない状態で、窓が動いたのである。

  「このスイッチは盗難防止用としてのスイッチです。このボタンを押していれば決して開けられない状態となるのです」と説明してくださった。

 私は今まで、それが何の為のスイッチか知らず、さわったこともなかった。

 それで完全に故障だと思っていたのに、故障でない事が分かったので、ああ助かったと思った。

 この事を通して,私は黙示録3章7,8節のみことばが頭に浮かんできた。

 「・・・彼が開くとだれも閉じる者がなく、彼が閉じるとだれも開く者がない、その方がこう言われる『見よ。わたしは、だれも閉じることのできない門を、あなたの前に開いておいた。なぜなら、あなたには少しばかりの力があって、わたしのことばを守り、わたしの名を否まなかったからである』」

 主が勝利と回復の門を開いて、待っていてくださる。主が開かれた門は、だれも閉めることが出来ないと約束して下さっている。

 従ってどこまでも主を信頼して、従いたいと思った。

|

« すごい日本人と日本文化 | トップページ | 日帰り高知観光 »