« あきない話 | トップページ | 雨漏りの修理 »

2019年2月15日 (金)

もったいない

 Photo  私は、2016年4月に前立腺癌と言うことが分かり、それから薬によって治療を続けている。

 ただ、薬は、3ヶ月に1回、腹部に注射、そして毎日毎食後に、飲み薬を飲んでいる状態である。

 その結果、やたらと汗をかくようになった。

 ちょっと暑いと感じたら、すぐに首から頭にかけて、どっと汗が出て来る。

 従って、いつ汗が出ても、いつでも汗をぬぐうことが出来るように、近くにタオルを置く事にしている。

 主治医に話すと、それは薬の関係であるとの事。

 寝ている時にも汗が出て来る。でも、寝る時、肩を冷やすと、寒くて寝られない。

 しかし、アゴの下の喉ぼとけあたりを温かくしておくと、汗が出てきて困ってしまう。

 そこで、肩は毛布で覆うようにするが、アゴの下あたりは、少し開いて空気に当てる様にしている。

 でも、普通の毛布でそうすることが中々難しい。

 従って、夜中に何度も目がさめて毛布を色々工夫していた。

 その時、首の部分がえぐられているよな毛布があればと思う状態であった。

 それで、家族にその事を話すと、息子がスマートフォンで調べてくれた。

 するとその様な毛布が売られている事が分かった。

 そして値段を調べてもらったら、手頃のものが4500円ぐらいとの事であった。

 それなら買えないこともないので買おうかと思っていた。

 そう考えている時、節分に食べる恵方巻き寿司が売れ残って、大量に廃棄されいるという事がテレビで取り上げられていた。

 それを見ていて「ああ!もったいない」と思わずにはいられなかった。

 でもその時、自分が毛布を買おうとしている事に目を向けて見た。

 我が家には沢山の毛布がある、まだ使ったことのないものもある。

 それなのに新しい毛布を買うことは、もったいないのではと思うようになった。

 現在使っているものの首の部分をえぐり取ってその部分に布を当てて、縫えば使えるのではないかと考えた。

 別に来客に使ってもらう物でもないし、自分だけが使うのだから、それほどきっちり出来ていなくても何ら問題がないと思った。

 それで、えぐった後の切り口を縫うテープを家内と共に買いに行ったが、それほど巾の広いテープは打ていなかった。

 そこで、家に帰って現在の毛布のヘリの色とよく似たような布は無いものかと探していたら、丁度同じような色のタオルを見付けた。

 それを家内の頼んでそのタオルを斜めに6㎝ぐらいの広さに切って、切り口に縫い付けてもらった。

 すると、売り物の様な出来ではないが、それなりの物が出来上がった。

 その毛布を用いてからの夜は、とても楽になった。

 なんでもっと早くからこの事をしなかったかと思うほどである。

 イスラエルの民が出エジプトの後、荒野での生活が始まった時、神は天から必要なだけのマナが与えられた。

 余分に集めたマナは、くさって食べられなくなった。神様はイスラエルの民に対して、物を大切にすることを教えておられた様に思える。

 今回の毛布の事から、もったいないと言うこと改めて教えられた。ハレルヤ!

|

« あきない話 | トップページ | 雨漏りの修理 »