« 畑を借りる | トップページ | ポンプ小屋を物置小屋に »

2019年3月30日 (土)

平成の時代

  Photo クリスチャンにとっては元号は関係のないものと思いますが、日本人として考える時に、平成も一つの時代であったと言うことが出来るのではないかと思います。

 それで、平成という時代は、どう言う時代であったかと言うことを考えて見ますと、第一は、戦争の無かった時代であったと言えます。

 日本では、戦争によって外国人を一人も殺さなかったし、また日本人も一人も殺されもしなかったと言うことは評価すべき事ではなかったかと思います.

 第二に、コンピューターが小型化が進んで行って、情報があまりにも多く飛び交う時代となったと言う事です。

 第三に、大災害の多かった時代であったと言う事が出来ます。阪神大震災、そして、東北大震災とそれにともなう、原発事故による放射能災害また、熊本地震、北海道の地震、また各地の集中豪雨による被害など、大災害が次から次へと続いたように思います。

 ではキリスト教会にとって、この平成時代はどんな時代であったのかと言うことを考えて見ますと、平成の時代はキリスト教会にとっては、低迷の時代と言えるのではないかと思っています。

 どう言った点から言えるかと言いますと.

1,高齢化して行っている状態の様に思います。子供や若者が教会に寄りつかなくなったと言うこと、その為に教会は、人数が減り、低迷していると言えます。

 2,献身者になる若者も少なくなっていっていると言うこと。どこの神学校でも生徒数が減ってきていると言うことです。ただこの事は、キリスト教会のみならず、仏教の世界でも同じ傾向の様であります。

 3,大衆伝道者達が、いなくなっていった様に思います。本田弘慈先生や羽鳥明先生また滝本明先生と言った、日本全国をかきめぐってくださる様な先生がいなくなったように思います。

 4,教会低迷の原因の一つに考えられることですが、オオム真理教が、地下鉄サリン事件を起こして、多くの日本人は「宗教はおっかない」という思いを日本人の心の中に持たせた様に思います。

 そうした低迷の時代にクリスチャンとして、また牧師として生かされていると言うことは、責任の重さを覚えるものです。

 そしてまた、そうした中で、ラジオの放送伝道の働きに携わらせて頂いている訳ですが、私は、現在でも、ラジオを真剣に聞いて下さっている方がいる限りは、続けなければ行けないと思っています。

 と言うのは、他に良い方法が見つかっていないからであります。

 もし、もっと効率の良い方法があるのならば、放送伝道を辞めてそちらの方に鞍替えすれ良いと思いますが、見つかって言ない以上、「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい」との、主の大宣教命令を思う時に、簡単に辞めるべきでは無いと思っております。

|

« 畑を借りる | トップページ | ポンプ小屋を物置小屋に »